Alien Worlds稼げる仮想通貨どれ?特徴や購入方法紹介

Alien Worlds稼げる仮想通貨どれ?特徴や購入方法紹介
Pocket

Alien Worldsは最近よく耳にしますが、一体どんなゲームで何の仮想通貨を使っているのか気になりませんか?

どんな特徴なのかまだよく分からないこともあるかと思います。

本記事はAlien Worldsで稼げる仮想通貨とその特徴を将来性、対応している仮想通貨取引所も加えて紹介していきます。

本記事を読むのに向いている方
  • これからAlien Worldsを始める方
  • どんな仮想通貨を使っているのか気になる方
  • 仮想通貨の将来性が気になる方

 

それでは、Alien Worldsで稼げる仮想通貨とその特徴を紹介します。

 

Alien Worldsはどんなゲーム?


Alien WorldsはTLMという仮想通貨を使って惑星を探して存在する区画を見つけて採掘するゲームです。

MetaverseDeFiもあり、無料でも遊べるので気軽に始められます。

惑星にある区画には土地の保有者がおり、その区画で何かを採掘するとTLMを獲得できますが、その一部を保有者に支払わなければなりません。

土地はNFTアイテムなので価格は高いものの、購入して保有すれば不労所得を得ることも可能です。

こちらは名前を聞いたことが多い方もいるのではないでしょうか。

是非、プレイしてみましょう!

こちらはWAXネットワーク上でinance Smart Chain(BSC)とEthereumのブロックチェーンを利用しています。

ステーキング機能がありますが、こちらはBSCブロックチェーンでのミッションで、WAXはトランザクションを無料でプレイする人をサポートするブロックチェーンでありFederationやPlanetsなどの機能を果たしています。

AlienWorldsをプレイするにはWAXクラウドウォレットが必須で、TLMのマイニングのためのツールを入手できるようになります。

TLMでは1つ以上の惑星を支配して自分の地位をミッションをクリアする度に確立していくことができ、自分のものにもすることができますよ。

 

Alien Worldsの特徴


①NFTが売買できる

②独自トークンTLM

 

NFTが売買できる

AlienWorldsでは土地やツール、アバターをNFT化させて売買できます。

さらに、NFTアイテムを合成させて新たなNFTアイテムを生み出すことも可能。

また、それぞれの属性があるので色々試してみてはいかがでしょうか。

NFTはプレイして時間が経っていくとだんだんとアップグレードしていき、それらを使用してサンダードームで戦うことも可能です。

また、NFTはサードパーティーのアプリケーションにもアクセスでき、画像は、InterPlanetary File System(IPFS)に保存され、土地NFT保有者のNFTコレクションで外部のゲームサーバーをAlien Worldsに接続するとIPFSのP2Pシステムが可能になります。

Alien WorldsのNFTはBSCとWAXで取引できるので是非やってみましょう。

 

独自トークンTLM

TLMはAlien Worldsのネイティブトークンで、エコシステムの中で交換できるERC-20トークンでもあります。

ツールを適切なもので使用して土地を採掘するとたくさんのTLMを取得できますよ。

発行の上限は100億TLMですがインフレ率は低いので、上限に達することは殆どないと言っても過言ではないでしょう。

最大の発行数は上限の約半分である50億トークン程度だと推測されます。

生成されたTLMは全て最初の惑星に行って、その次にプレイヤーに付与されるとAlien Worldsのオープンソースアルゴリズムで証明しています。

 

【Alien Worlds】稼げる仮想通貨どれ?

稼げるのに必要な仮想通貨Alien Worlds(TLM)の将来性や購入方法について解説していきます。

 

3つのブロックチェーンによるユーザーの獲得

Alien WorldsはEthereumとWAX、Binance Smart Chain(BSC)という3つのブロックチェーンで動いており、全てとても人気のブロックチェーンです。

特に、EthereumとBSCが人気ですよ!

BSCはDeFiウォレットを安いトランザクションコストで充分にサポートして高速処理ができます。

Ethereumのブロックチェーンは、高いパフォーマンスとスケーラビリティとスマートコントラクト、データの調整、 分散型のアプリケーション(DApps)の展開、DeFiを有効活用させたりします。

これらのブロックチェーンの需要は年々増加しており、TLMトークンの価格は高騰することが推測されております。

50ドルにそのうち達するといわれているので始めるなら今すぐが良いでしょう。

Alien WorldsはDAppsで2番目にランク付けされており、一時間になんと15万人以上のアクティブユーザーがいます。こ

れからも増えることが予測されているので、さらに人気なゲームとなるでしょう。

 

NFT需要の拡大

Alien Worlds(TLM)はNFTゲームです。

NFTは2021年に25億ドルを突破し、Axie Infinity(AXS)だけで10億ドルを超えました。

今後も更に増えると思われます。

NFTゲームは数多くありますが、Alien WorldsみたいにDappRadarにランクインするのは極めて稀なので、いかにAlien Worldsが人気なのかが伺えます。

仮想通貨の市場でNFTの需要がこれからも伸びつづけると、TLMトークンが最高値にもなりそうです!

 

仮想通貨Alien Worlds(TLM)の購入方法

TLMは今現在、国内取引所では取り扱われておりません。

なので、海外取引所を利用しましょう。

主な海外取引所は以下の2つが挙げられます。

  • BINANCE
  • Gate.io

上記いずれか好きな取引所で購入してもOKです。

BINANCEはDeFiに対応しており、手数料が安いです。

NFTにも対応しており、100種類以上の銘柄を取り扱っています。

ステーキングまたはレンディングなどの運用方法が豊富で、仮想通貨投資を長期的に行う場合はこちらを口座開設しておきましょう。

Gate.ioはケイマン諸島を本拠地にする取引所で、1000種類以上の通貨に対応しています。

BINANCEに上場する前の仮想通貨に投資をすると儲けられる可能性があるのでおすすめです。

また、独自通貨のGTトークンを使用すると手数料が割引されるのでお得ですよ!

順番は、海外取引所でTLMを購入するという場合、国内取引所で仮想通貨を購入してから仮想通貨を海外取引所へ送金して購入する流れになります。

海外取引所だとビットコインなどいったコインチェックを送金してTLMを購入することも可能です。

TLMを購入したい方はコインチェックもご検討されてはいかがでしょうか。

 

まとめ

Alien Worldsで稼げるのに必要な仮想通貨とその特徴について紹介しました。

Alien WorldsはTLMという仮想通貨を使って惑星を見つけてアイテムを採掘したり土地を所有したりなどするゲームで、現在すごい勢いがあると話題ですね。

稼げるようになるために知っておく必要がある項目は、3つのブロックチェーンが動いていることと、取引所は海外しかないことです。

これらのことをしっかり把握しておきましょう。

また、NFTの需要が年々高まっていることもあり、将来性が見込めるといっても良いでしょう。

是非Alien Worldsを始めてみてくださいね!

関連記事:メタバースゲームの始め方>>

コインチェック
(Visited 95 times, 1 visits today)