ベラジョンカジノのブラックジャック カウンティングはバレるのか?禁止されている理由も解説

ベラジョンカジノのブラックジャック カウンティングはバレるのか?禁止されている理由も解説
Pocket

最近は色々なオンラインカジノが見受けられますよね。

おそらくこの記事を読んでいる方は、ベラジョンカジノブラックジャックのルールやカウンティングはしてもいいのかなどが気になるのではないでしょうか。

本記事では「ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは? カウンティングはバレるのかなども解説」をテーマに、カウンティング方法や禁止されている理由なども加えて解説していきますのでぜひ最後まで読んでいってください!

 

公式サイトはこちら>>

ads?b=889&m=43053

※当サイトから登録で、今なら35ドルのボーナスGET+20回フリースピンをゲット!

 

 

カウンティングとは?


カウンティングは、出ているカードの数を数え、山札にある残りのカードを把握してベットの仕方を変えて有利に持っていこうとする方法です。

残りのカードの枚数を知ることで、有利か不利が分かり、どのように勝てばいいかを考えることができます。

ブラックジャックでは特に行われる方法といってもいいでしょう。

 

カウンティングが禁止されている理由

なぜカウンティングが禁止されているかというと、もしカウンティングされてしまうと運営側の都合が悪くなってしまうからです。

カウンティングは非常にプレイヤーに有利な方法なので、これを許してしまうと運営が赤字になってしまいます。

そもそもブラックジャックは還元率が98%と非常にお得なギャンブルなので、さらにカウンティングをされると運営に支障が出てしまうのです。

運営を保つためにもカウンティングは禁止せざるを得ないわけです。

 

カウンティングはバレるのか?

ブラックジャックのカウンティングは、ランドカジノの場合はバレやすいです。

理由としては、プレイヤーが有利な時はベット額が大きく不利な時は小さいので、不自然にベット額が変わっていれば怪しまれてしまいます。

ディーラーはそういうことに関しては鋭いので気づかれてしまう可能性は高いです。

ディーラーから指摘されることはあまりないと思われますが、あまりにも頻繁にやるとバレてしまうかもしれないので控えた方がいいでしょう。

一方で、バカラのカウンティングの場合はバレにくいです。

なぜなら、ブラックジャックみたいに効果が大きいわけではないためディーラーはあまり警戒していない傾向があります。

しかし、やり過ぎると指摘される可能性があるのでやらない方がいいでしょう。

 

カードカウンティングツールを使うのはダメ!

カードカウンティングはカジノでは禁止されています。自分で覚えてなくても画像処理の技術でカードカウンティングは可能です。

これを利用して何連勝もすれば不正行為を疑われるのはほぼ確実だといっていいでしょう。

もし不正行為だと見なされた場合、考えられる可能性か以下の通りになっています。

  • アカウントの凍結や閉鎖される
  • アカウントの新規作成ができなくなる
  • 勝利金やカジノに入金した資金が没収される
  • 系列カジノで新規アカウントの作成ができなくなる

これらのことが起きてしまったら、もうカジノをプレイしにくくなってしまうため、カウンティングはしない方が無難だといえますね。

 

ブラックジャックのカウンティングネットの反応

 

ベラジョンカジノでカウンティングしてもそんなに稼げない

ベラジョンカジノでカウンティングをしても、それほど大きな金額を期待できません。

仮にカウンティングで稼げても、それほど効果はありません。

もし、カジノの運営側でプレイ履歴が怪しいと不正行為をしたと見なされる可能性があります。

勝率も上がるわけではないのに不正行為をしたと判断され、出金ができなくなったということになったら元も子もありません。

 

まとめ

以上、「ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは? カウンティングはバレるのかなども解説」でした。

ブラックジャックでのカウンティングは、運営側が不利になるので禁止されています。

ディーラーにバレる可能性があるのでやらない方がいいでしょう。

ベラジョンカジノ内では気付かれにくいかもしれませんが、カウンティングをしたところで大して意味がないのが事実です。

もし、不正行為と判断された場合、プレイができなくなってしまう可能性があるのでおすすめはしません。

ルールには気をつけてプレイしましょうね!

 

(Visited 5 times, 1 visits today)