ベラジョンカジノブラックジャックで勝てない原因は? 攻略方法も解説

ベラジョンカジノブラックジャックで勝てない原因は? 攻略方法も解説
Pocket

最近は色々なオンラインカジノが見受けられますよね。

おそらくこの記事を読んでいる方は、なかなかブラックジャックで勝てないと悩んでいるのではと思います。

ベラジョンカジノ内で人気のブラックジャックで勝つためには一体どうしたら良いのでしょうか?

本記事では「ベラジョンカジノ内のブラックジャックで勝てない原因は? 攻略方法も解説」をテーマに、本ゲームの特徴や勝ち逃げ方法なども加えて解説していきますのでぜひ最後まで読んでいってください!

 

公式サイトはこちら>>

ads?b=889&m=43053

※当サイトから登録で、今なら35ドルのボーナスGET+20回フリースピンをゲット!

 

ブラックジャックに勝てない理由

  1. 攻略法を間違えて使用している
  2. 資金管理を徹底していない
  3. 勝ち逃げをしていない
  4. 感情的になっている

 

攻略法を間違えて使用している

よくある敗因として、攻略法を間違えているケースが多いです。

ブラックジャックにはマーチンゲール法やモンテルカロ法、10%法などと色々あるのですが、方法を間違えると思うようにプレイできず、負けてしまう恐れがあります。

勝つためには、それぞれの方法をしっかり理解して実践しましょう。

 

資金管理を徹底していない

オンラインカジノに限らず、ギャンブルをプレイするには資金管理はマストな行為です。

しっかり資金を把握しておかないと、知らない間に金欠になったりして悲惨なことになってしまいます。

なので絶対「今日使う金額の上限」や「ここまでやめる」など、資金金額を視覚化しておくことが大切です。

資金管理ができないと、仮に勝ったとしても最後に損失してしまう可能性が大きいです。

めんどくさいと思うかもしれませんが、資金を守るためにもしておくことをおすすめします。

 

勝ち逃げをしていない

オンラインカジノで長期的にプレイすればするほど、還元率に近くなるので、最後は損失で終わってしまうことになります。

なので、それを克服するには勝ち逃げしかありません。

逃げるなんて情けないと思うかもしれませんが、勝ち逃げも有効な手段の一つです。

 

感情的になっている

負け続けて悔しい思いからどんどんヒートアップしてプレイしてしまうことがあると思います。

しかし、冷静さを失ってしまっては勝ちにくくなってしまうのも明白です。

悔しい気持ちは大変わかりますが、時には損切りも必要になっていきます。

勝ちたい場合はしばらく落ち着いてから再開すると良いでしょう。

 

ブラックジャックの攻略法

  1. マーチンゲール法
  2. モンテカルロ法
  3. 10%投資法
  4. ラブシェール戦法

 

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、ゲームで負けた次のラウンドで、負けた時のベット額の倍をベットする方法です。

これはオンラインカジノの中でも有名な方法として知られています。

例えば、$10ドルで負けた場合、次は$20に増やしてベットします。

それでも負けたら$40と増やしていき、勝てるまで増やしていき、大金を稼ぐ流れです。

しかしこれは勝利しない限り資金が減る一方なので、それなりの資金力が必要になります。

そのため、あまり資金がない場合はあまりお勧めできない方法といえます。

しかし、当たれば大きいので試してみる価値はありますので是非やってみましょう。

 

モンテカルロ法

モンテカルロ法は、ベット額を抑えつつ利益を狙い、負け額が出た場合は段階的に取り戻す方法です。

これは連敗してもベット額が増えにくく、$100もあれば10連敗は許容できる範囲になります。

また、数字をしっかり把握する必要があるので必ずメモをしておきましょう。

使うタイミングは2連敗した時に、勝った数より負けの数が多くても1サイクルで終了すると利益を出すことが可能です。

 

10%投資法

10%投資法は、資金の10%を毎回ベットする方法です。

いきなり全資金を使い込んで溶かしてしまうよりも全然リスクが低いので安全な方法だといえます。

自分の資金を守るためにも大切なのでこちらの方法も実践してみてはいかがでしょうか。

 

ラブシェール戦法

ラブシェール戦法は、最大損失額を決める方法です。

失ってもかまわない資金額を最初に決め、数列を作ってベットしていきます。

例えば、最大損失額が$50の場合は、「5,6,5,6,5,6,5,6,6」のようにベットします。

数字を把握しなければならないので、メモは必ずしておくようにしましょう。

 

ブラックジャックの勝ち逃げ方法

一攫千金を狙わない

一発で大金を稼ぎたい気持ちは確かによく分かります。

楽して大金を得たいのは誰でも思うことでしょう。

しかし、欲をコントロールができなくなり、いつの間にか資金がなくなるなんてことになったら悲惨です。

稼ぐのであれば、地道にコツコツと行っていく方が効率的です。

 

勝つまでやると思わない

敗北が続いていると落ち込みますし、イライラもしてしまうことでしょう。

しかし、「勝つまで止めない」精神でプレイすると、さらに負けが続いて冷静さを失ってしまい、資金が底を尽きるなんてこともあります。

時には負けを認め、「今日は調子悪いな」と割り切っておくようにしましょう。

日を改めてプレイしたら勝つことも全然ありますので大丈夫です!

 

ボーナスを活用する

ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノではボーナスがたくさんあります。

登録しただけでもらえる登録ボーナスや登録不要ボーナスなど、様々です。

これらを有効活用して、稼いでいけるとよりプレイが楽しくなります!ボーナスは存分に活用しましょう。

 

こまめに出金する

出金をこまめにすることで、失う資金を減らすことができます。

これをやらないでベットするとあっという間に底が尽きるなんてこともありますので、やっておくことをおすすめします。

もし誤って大金をベットしてしまうとかなりリスキーになりますので気をつけましょう。

 

ベラジョンカジノのブラックジャックのアクションの使い方

ブラックジャックには、アクションの要素が取り入れられています。

中にはないものもありますが、大抵の場合はあるのでこれらも覚えておくと良いでしょう。

主なアクションの種類は下記の通りとなっています

  • サレンダー(Surrender)
  • ダブルダウン(Double Down)
  • スプリット(Split)
  • インシュアランス(Insurance)

これらは全て英語なので、英語が分からない方は多少戸惑うかもしれませんが、すぐに覚えられるので問題ありません。

練習モードで実践しながら覚えていくのがおすすめです!

 

サレンダー (Surrender)

サレンダーとは「降参する」という意味です。

手元のカードの合計が21とは程遠い場合やディーラーの方が21に近い場合など、どう考えても勝ち目がない時にゲームを降参することが可能です。

窮地に追いやられて逆転勝利してやりたい気持ちは分かりますが、負けてベットした金額が没収されるよりはましな判断だといえます。

 

ダブルダウン (Double Down)

ダブルダウンとは、配布された2枚のカードを見て、カードの追加は1枚だけを条件にして、配当を2倍にすることができる方法です。

例えば、プレイヤーの手札の合計が11で、ディーラーのアップカードが2~10の場合、ダブルダウンを選択して勝負した方が有利になります。

ただ、追加は一枚のみなので勝てる自信がある時のみに行いましょう。

 

スプリット (Split)

スプリットとは、配布された2枚のカードが同じ数字であった場合、同じベット金額の追加をすると手札を分割することが可能です。

例えば、プレイヤーの手札がA+A、または8+8、5+5などの場合は迷わずにスプリットしちゃいましょう。

 

インシュアランス (Insurance)

インシュアランスとは「保険」という意味です。

ディーラーのアップカードがAでブラックジャックになる可能性がある場合、ベット金額の半分を先に支払い、仮に負けても賭け金の一部が戻るように保険をつける方法です。

もし、ディーラーの手札がブラックジャックになって予想が的中した場合、ベット金額の2倍の配当を獲得できるのでお得です!

しかし、それなりのリスクがあるので注意しましょう。

 

まとめ

以上、「ベラジョンカジノ内のブラックジャックで勝てない原因は? 攻略方法も解説」でした。

ベラジョンカジノに限らずですが、攻略方法も知らずにプレイしても勝てないのは当然です。

スポーツでも勝つなら攻略方法を見つけるのでブラックジャックも攻略する必要があります。

プレイする前にベットする金額の上限を設けてプレイし、資金を守るようにしましょう。

また、負けることも認め、しばらく時間を置いてからプレイするのもありです。

これらを実践しつつ勝率を上げていきましょう!

(Visited 15 times, 1 visits today)