ベラジョンカジノのボーナスの出金条件は?ゲーム別パーセンテージも解説

ベラジョンカジノのボーナスの出金条件は?ゲーム別パーセンテージも解説
Pocket

最近はベラジョンカジノが非常に人気ですよね。

おそらくこの記事を読んでいる方は、ボーナスの出金条件が気になっていることでしょう。

確かに、ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノにはボーナスには出金条件があります。

出金の条件が厳しいとなかなか出金できないですよね。

本記事では「ベラジョンカジノのボーナスの出金条件は?ゲーム別でのパーセンテージも解説」をテーマに、ゲーム別の出金の計算なども加えて解説していきますのでぜひ最後まで読んでいってください!

 

公式サイトはこちら>>

ads?b=889&m=43053

※当サイトから登録で、今なら35ドルのボーナスGET+20回フリースピンをゲット!

 

ベラジョンカジノのボーナスの注意事項

ベラジョンカジノのボーナスの出金条件は?ゲーム別パーセンテージも解説

ボーナスはすぐに現金化できるわけではないのでご注意ください。

その理由を解説します。

 

出金条件(賭け条件)がある

ボーナスのお金はとてもお得ですが、出金条件を満たさないと出金はできず、ボーナスを使って得た配当金も該当します。

この出金条件は、ベラジョンカジノだけではなくオンラインカジノ共通のことですが、出金条件はゲームの種類によって異なります。

ベラジョンカジノの場合は一般的なボーナスの条件は20倍で、もしボーナスで$40を獲得した場合、$40×20倍=$800を賭けてプレイすると出金可能になります。

以前は40倍だったものの、現在は半分の20倍になり、条件が緩くなりました。

 

出金条件にカウントされる割合はゲームによって異なる

全てのゲームが100%でカウントされるわけではなく、ゲームの種類によって出金条件にカウントされる割合が変わるということを覚えておきましょう。

出金条件をクリアすることを重視する場合、スロットで遊ぶのが100%でカウントされるので効率的です。

 

ボーナスマネーを利用する際の禁止事項に注意

ボーナスマネーで以下の禁止事項をしてしまうと、せっかくゲームに勝って得た配当金が引き出せなくなってしまうのでご注意ください。

  • ボーナスを複数持っている時に同時に違うボーナスを使用する行為
  • ルーレットで赤と黒を同時に賭けるような、2重賭けの行為は禁止
  • スロットで1スピンあたり$6.26以上賭ける行為
  • テーブルゲーム/ライブカジノで1回あたり$25以上で賭ける行為

 

有効期限がある

ベラジョンカジノの一般的なボーナスは獲得の30日後までという有効期限があり、キャッシュの残高が残っている場合、キャッシュを使い切った後でないとボーナスを使用できないのでご注意ください。

キャッシュの残高がなくなる前にボーナスの有効期限が過ぎてしまうとボーナスが無効になってしまうので早めに使いきっちゃいましょう。

 

各ゲームのボーナス出金条件のパーセンテージ

ベラジョンカジノではどんなゲームでもボーナス出金条件に反映されますが、ゲームの種類によって反映されるパーセンテージが異なります。

各ゲームのパーセンテージは以下の通りです。

ゲーム種類  パーセンテージ
全てのスロット、ビデオスロット、

インスタントゲーム

100%
ルーレット(ライブカジノ以外)  15%
バカラ、プントバンコ、ビデオポーカー、

カリビアンポーカー、テキサスホールデム(全てのタイプ)

15%
ブラックジャック、 ポンツーン、

ライブカジノ

10%

これを見ると、スロットだと賭けたボーナスマネーの100%が出金に反映されるので、もしスロットで$100使ったら$100反映されるという事になります。

ブラックジャックの場合、10%なので$100賭けても$10しか反映されないという事となり、本来ボーナスマネーの20倍のベットをクリアすればいいのですが、ブラックジャックだと200倍必要となり、ルーレットは15%なので133倍のベットが必要となるので結構大変です。

 

ベラジョンカジノのどのゲームをプレイすると出金条件を満たしてお得に引き出せるのか?

もし$100のボーナスマネーがあったとした場合、$2000をベットしなくてはならないという前提で話を進めます。

 

スロットで出金条件を満たす

スロット、ビデオスロット、インスタントゲームはベット額の100%が反映されます。

そして、還元率はゲームによって異なるものの、95%前後である傾向があります。

1回のスピンで5%がカジノ側に引かれるという仕組みです。

スロットの賭け金は$6.25以上はNGなので$6とすると、$2000をベットするのに2000÷6=333.3回なので334回となります。

1スピンするたびに$6の5%=$0.3が減っていくので、334回×$0.3=$100.2となり、334回スピンするころにちょうど$100の資金がなくなるということになります。

 

ルーレットで出金条件を満たす

ルーレットはヨーロピアンタイプの場合はポケットが37個あり、期待値は全部同じになっています。

例えばストレートアップベット(1点賭け)の場合、37個のポケットのうち1個にベットするという賭け方で、当たる確率は1/37です。

また配当は35:1のため、$1賭けて当たると$36が戻ってきます。

もし$1を100回賭けた場合、1/37の確率だと100回中に2.7回当たるという計算になります。

当たった時は$36貰えるため、100×1/37×36=$97.29が手元に残ります。

この計算から見えることは、$100遊んだ時は$2.71を失ってるかもしれません。

2.71%が1回のスピン毎のハウスエッジということになります。

ベット額は$2000ではなく、$13334をベットしなければなりませんので結構ハードルが高いです。

ルーレットでは$25以上のベットが出来ないため$20とすると、666.7回ベットすれば$13334になります。

この時点で残金があれば出金可能です。

 

バカラで出金条件を満たす

バカラは大人気なゲームなので、ボーナスマネーをここでたくさん使おうとしている方が多い印象があります。

全てのカードの出る事から確率を計算するとバンカー側が勝つ確率は50.68%、プレイヤー側が勝つ確率は49.32%となり、バンカーに賭けて勝つと配当は0.95となります($1賭けたら$0.95の利益。

バンカーとプレイヤーのどちらに賭け続けるのが資金が目減りしにくいかというと、バンカーの方が目減りしにくいです。

例えば$1を1万回賭けると勝利は5068回となり、負けは4932回になるという計算になります。

5068×$0.95の配当=$4814.6の利益で、負け$4932を引けば$117.4の損失となります。

毎回1.174%カジノ側に引かれている状態といえます。

 

ブラックジャックで出金条件を満たす

ブラックジャックの還元率は、最適解となる選択をした時に99%と高くなります。

そのため出金条件が一番厳しく賭け金の10%しか反映されない仕組みになっています。

なので、$100のボーナスマネーがあれば20倍の$2000ではなく、さらに10倍の$20000をベットしなければなりません。

テーブルゲームでは、1ゲームあたりの賭け金は$25未満でないといけないようにもなっていますのでご注意ください。

もしブラックジャックで最適解を選択した場合の99%のリターンがあるとして計算すると、毎回1%カジノ側に引かれるということになります。

1ベットは$20なので$20000になるには1000回のベットが必要となり、毎回$20の1%($0.2)が目減りしていくと想定します。

$20を1000回ベットしていく場合、1000回×$0.2=$200のマイナスぐらいになるので、$100のボーナスマネーは失ってしまっています。

難しい分やりがいがあって楽しめそうですね!

 

まとめ


以上、「ベラジョンカジノのボーナスの出金条件は?ゲーム別でのパーセンテージも解説」でした。

ベラジョンカジノのボーナスの出金条件は、ボーナスマネーの20倍を賭けないといけません。

ですが、以前は40倍だったのでハードルは下がっています。

また、出金条件は反映されるパーセンテージは各ゲームよって異なり、スロットは100%、ルーレットとバカラは15%、ブラックジャックは10%です。

お好みの方法で出金条件を満たしていきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

(Visited 1 times, 1 visits today)