ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは?アクション方法も解説

ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは?アクション方法も解説
Pocket

最近は色々なオンラインカジノが見受けられますよね。

おそらくこの記事を読んでいる方は、新たにオンラインカジノを始めようかと考えているのではと思います。

圧倒的な人気を誇っているオンラインカジノの一つとして、ベラジョンカジノというものがあります。

こちらのオンラインカジノはブラックジャックが人気であり、今最も勢いのあるオンラインカジノの一つとして知られています。

しかし、ルールがいまいちよく分かっていない方もいらっしゃると思います。

本記事では「ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは?アクション方法も解説」をテーマに、本ゲームの特徴やカウント方法なども加えて解説していきますのでぜひ最後まで読んでいってください!

 

公式サイトはこちら>>

ads?b=889&m=43053

※当サイトから登録で、今なら35ドルのボーナスGET+20回フリースピンをゲット!

 

ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは?

ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは?

ブラックジャックのルールは、配布されたカードの合計が21に近づけることができたら勝利するという簡単なルールなので、覚えることはそれほど多くないです。

そのため、初心者でもすぐプレイすることができます。

また、ブラックジャックはテーブルゲームの中でも還元率が特に高く、非常にお得なゲームでもあります。

簡単なルールで大きく稼ぐことができてしまうので一石二鳥です!

さらに、攻略を重ねると勝率を上げることも可能なので、よりハマっていくこと間違い無いでしょう。

 

ベラジョンカジノのブラックジャックの遊び方

ベラジョンカジノのブラックジャックの遊び方

ブラックジャックはまずプレイヤーとディーラーでタイマン勝負をします。

52枚のトランプカードが配られるので、合計が21に近いほうが勝利になります。

テーブルによっては複数のプレイヤーと一緒にプレイすることもありますが、基本的に対戦相手はディーラーです。

 

STEP 1.カードが2枚ずつ配布される

まずはベットする金額を決め、チップを賭けます。すると、ディーラーとプレイヤーに各2枚ずつのカードが配布されます。

プレイヤーのカードは両方表向きで、ディーラーのカードは片方が表向き、もう片方が裏向きに伏せられています。

 

STEP 2.手札をできるだけ21に近づける

配布された2枚のカードの合計からカードを増やすか減らすかを決めます。

合計が21を超えない限りはカードを追加することができます。

しかし、21を超えてしまうと敗北なので気をつけましょう。

超えそうになったらステイをするのもありです。

 

STEP 3.ディーラーのカードが表向きになる

プレイヤーの手札が決まったら、ディーラーの裏向きになっているカードが表にむきます。

この時にプレイヤーかディーラーのどちらかの合計が21に近いほうが勝利となります。

ディーラーには少しハンデがあります。

ディーラーの合計は17以上にする必要があり、17を超えるまではカードを引かなければなりません。

 

STEP 4.ゲーム終了

プレイヤーとディーラーの全部の手札が確定後、ベットした金額の払い戻しか没収となってラウンド終了になります。

 

ベラジョンカジノのブラックジャックのカウント方法

オンラインカジノでは自動でカードの合計を計算してくれるので便利ですが、自分で計算できた方が次のアクションを起こすのに有利になりますので覚えておくことをおすすめします。

 

A(エース)

Aはトランプと同じく1とトランプにはない11のパターンがあります。

選択は自由なので、有利な方を選択しましょう。

例えば1のパターンは

A+5=6

11のパターンは

A+5=16

このようになります。

 

 数字のカード 2~10

これらは普通に数字通りにカウントすればいいので大丈夫です!

K(キング) ・ Q(クイーン) ・J(ジャック)

これらはトランプカードとは異なり、全て10としてカウントします。

なので例えば、

K+Q=20

J+2=12

このようになります。

 

ベラジョンカジノのブラックジャックのアクションの使い方

ブラックジャックには、アクションの要素が取り入れられています。

中にはないものもありますが、大抵の場合はあるのでこれらも覚えておくと良いでしょう。

主なアクションの種類は下記の通りとなっています

  • サレンダー(Surrender)
  • ダブルダウン(Double Down)
  • スプリット(Split)
  • インシュアランス(Insurance)

これらは全て英語なので、英語が分からない方は多少戸惑うかもしれませんが、すぐに覚えられるので問題ありません。

練習モードで実践しながら覚えていくのがおすすめです!

 

サレンダー (Surrender)

サレンダーとは「降参する」という意味です。

手元のカードの合計が21とは程遠い場合やディーラーの方が21に近い場合など、どう考えても勝ち目がない時にゲームを降参することが可能です。

窮地に追いやられて逆転勝利してやりたい気持ちは分かりますが、負けてベットした金額が没収されるよりはましな判断だといえます。

 

ダブルダウン (Double Down)

ダブルダウンとは、配布された2枚のカードを見て、カードの追加は1枚だけを条件にして、配当を2倍にすることができる方法です。

例えば、プレイヤーの手札の合計が11で、ディーラーのアップカードが2~10の場合、ダブルダウンを選択して勝負した方が有利になります。

ただ、追加は一枚のみなので勝てる自信がある時のみに行いましょう。

 

スプリット (Split)

スプリットとは、配布された2枚のカードが同じ数字であった場合、同じベット金額の追加をすると手札を分割することが可能です。

例えば、プレイヤーの手札がA+A、または8+8、5+5などの場合は迷わずにスプリットしちゃいましょう。

 

インシュアランス (Insurance)

インシュアランスとは「保険」という意味です。

ディーラーのアップカードがAでブラックジャックになる可能性がある場合、ベット金額の半分を先に支払い、仮に負けても賭け金の一部が戻るように保険をつける方法です。

もし、ディーラーの手札がブラックジャックになって予想が的中した場合、ベット金額の2倍の配当を獲得できるのでお得です!

しかし、それなりのリスクがあるので注意しましょう。

 

まとめ


以上、「ベラジョンカジノのブラックジャックのルールは?アクション方法も解説」でした。

ベラジョンカジノ内のブラックジャックのルールは、手持ちのトランプのカードの合計が21に近い方が勝ちというシンプルなものなのでそれほど難しくないことがお分かりいただけたことだと思います。

また、カウント方法はAの場合は1または11とカウントし、J・Q・Kは10としてカウントします。

ここはトランプと異なるので覚えておきましょう。

降参する場合はサレンダー(Surrender)、配当を2倍にするダブルダウン(Double Down)、同じ数字のカードを分割するスプリット(Split)、負けた場合の保険であるインシュアランス(Insurance)も有効に活用してみるとより楽しくプレイできます。

(Visited 10 times, 1 visits today)