ビットコイン今後どうなる?買い方と将来性について解説

ビットコイン今後どうなる?買い方と将来性について解説
Pocket

ビットコインは仮想通貨の一つです。

おそらくこの記事を読んでいる方は、ビットコインの今後や買い方などを詳しく知りたくてご覧になっているかと思います。

まだご存知がない方は一度目を通しておきましょう。スムーズに始めやすくなります。

本記事では、「ビットコイン購入、今後どうなる?買い方と将来性について解説」をテーマに、ビットコイン価格予想でや、買うときの注意点なども加えて詳しく解説していきますので是非、最後まで読んでいってください!

 

ビットコインとは?基本的な仕組みや特徴

ビットコイン

ビットコインは、一般的な通貨と異なり、中央銀行や政府による発行がなく、分散型のネットワークで管理されています。

具体的には、ブロックチェーンと呼ばれる技術を用いて、取引の記録を分散して保存し、矛盾がないかを検証することで、偽物のビットコインを作り出すことができないようになっています。

また、ビットコインの特徴として、以下のような点が挙げられます。

– 取引が匿名性が高い

– 取引手数料が他の決済システムと比べて安い

– 世界中どこでも使用できる(インターネット環境があれば)

– 価格変動が激しい(市場原理により需要と供給に応じて価格が変動するため)

ただし、ビットコインに関する知識が十分でない人が投資することはリスクが高いため、注意が必要です。

 

 ビットコインを始める前に知っておくべきこと

ビットコイン

オススメ取引所の選び方と使い方

ビットコインを購入するためには、取引所が必要です。

現在、日本国内で多数のビットコイン取引所がありますが、以下に代表的な取引所を挙げて、それぞれの特徴や使い方を説明します。

 

bitFlyer

ビットフライヤー

日本最大級の取引所で、取扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、リップルなどです。

ビットコインの買い方には、現物取引とレバレッジ取引があります。

また、ビットコイン決済の導入も進めているため、ビットコインを使ったお店が年々増加しています。

 

Coinbase

Coinbase

海外の取引所で、日本語にも対応しています。

ビットコインの他、イーサリアムやビットコインキャッシュ、リップルなども取り扱っています。

ユーザビリティが非常に高く、初めて取引所を使う人でもわかりやすく利用できます。

 

GMOコイン

GMOコイン

GMOインターネットグループが運営する取引所で、日本語にも対応しています。

ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなど、複数の仮想通貨が取り扱われています。

取引手数料が安いのも特徴の一つで、初心者にもおすすめです。

 

オススメ取引所の使い方

各取引所には、公式のウェブサイトがあります。

まず、口座開設を行い、身分証明書の提出が必要な場合があります。

次に口座に日本円を送金し、購入したいビットコインの注文を出します。

注文が決済されると、購入したビットコインが口座に入金されます。

取引所によって手数料や出金制限などが異なるため、事前によく確認しましょう。

 

  ビットコインの価格変動と予想

今後のビットコイン

ビットコインの価格予想については、非常に難しいとされています。

ビットコインの価格は需要と供給の関係で決まるため、外部的な要因や実際の使用目的に応じて価格が大きく変動することがあります。

ただし、注目すべきポイントとしては、世界的な景気回復や巨額の政府支出によりインフレーションが進む中で、多くの投資家がビットコインをインフレ対策の手段として注目していることが挙げられます。また、ビットコインの技術的な進化や法規制の変化も価格に大きな影響を与えると言われています。

総じて、未来のビットコインの価格は予想することが難しいと言われていますが、将来的な需要の高まりや最近の市場動向、法規制等を注視することはビットコインの資産価値を理解する上では重要なポイントと言えるでしょう。

 

 ビットコインを購入する際の手順と注意点

  1.  取引所アカウントの作成
  2.  入金
  3. ビットコインの購入注文
  4.  ビットコインの保有と管理

 

取引所アカウントの作成

まずは、ビットコインを購入するための取引所アカウントを作成します。

日本国内には、bitFlyer、Coincheck、Zaif、GMOコインなど、多数の取引所があります。

取引所によっては、身分証明書の提出が必要になる場合があります。

 

入金

作成した取引所アカウントに、日本円を入金します。

各取引所によって入金方法は異なりますが、主に銀行振込やクレジットカード、コンビニ決済が利用できます。

 

ビットコインの購入注文

入金後、取引所の画面からビットコインの購入注文を出します。

注文の種類には、売り注文と買い注文があります。ビ

ットコインの価格は需給バランスにより変動するため、取引所の市場価格に沿って取引することが一般的です。

 

ビットコインの保有と管理

購入したビットコインは、取引所で保有することができます。

また、専用のウォレットアプリを利用して、自分で保有することもできます。

 

ビットコインを購入する際の注意点

・ビットコイン価格は大幅に変動するため、投資リスクを理解し、自己責任で投資する必要があります。

・取引所によっては、手数料が高いところもあるため、事前に比較検討することをおすすめします。

・取引所のセキュリティ対策や信頼性も重要です。十分に確認して選ぶようにしましょう。

・ビットコインを管理するウォレットのセキュリティにも注意が必要です。万が一の場合に備えて、必ずバックアップを取っておくことが大切です。

 

ビットコインの価格予想と今後の展望

今後のビットコイン

ビットコインの価格予想は、今後のマーケット動向によって大きく変化することがあります。

しかしながら、ビットコインに対する需要が高まっていることから、短期的には価格の上昇が見込まれます。

また、近年ではビットコインの普及が進み、企業や政府がビットコインの採用を検討する動きもあります。

これに加え、ネットワーク技術の進歩により、ビットコインの利用可能範囲が拡大することも予想されます。

このような要因から、中長期的な展望でも価格が上昇する可能性があると考えられます。

 

今後のビットコイン価格に影響を与える要因とは?

今後のビットコイン価格に影響を与える主な要因には以下のものが挙げられます。

  • 需要と供給:ビットコインの価格は、需要と供給のバランスによって決まるため、需要や供給の変化が価格に大きく影響する。
  • 規制や法律変更:各国政府が仮想通貨を取り扱う法律を変更することで、ビットコイン市場に大きな波及効果が生まれることがある。
  • 仮想通貨関連ニュース:ビットコインを含む仮想通貨に関するニュースは市場に大きな影響を与えることがある。

たとえば、ビットコインを利用している企業が新たなサービスを発表したり、ビットコインの受け入れが増えたりする場合は、価格が上昇することもある。

技術的改良:ビットコインが採用する技術的改良によって、通貨価値や保有価値が高まることがあります。

今すぐ買うべき?ビットコインを購入するタイミングについて考えてみる

ビットコインを購入するタイミングについては、個人の投資スタイルや予算、価格変動の見通しなどそれぞれ異なると思われますが、以下のようなポイントを参考にすると良いでしょう。

 

為替相場のチェック

ビットコインは、ドルやユーロなどの通貨との為替相場に影響を受けるため、相場チェックは必須です。

また、ビットコインに関するニュースや情報をチェックし、価格変動についての情報収集を行うことも重要です。

 

投資予算の確保

ビットコインは、金融市場におけるハイリスク・ハイリターンな投資商品の一つです。

投資予算を決めた上で、リターンとリスクに見合った投資を行うようにしましょう。

 

ダメージコントロール

ビットコインは不安定な価格変動を見せるため、購入時の価格が下落した場合、ダメージコントロールを行うことが必要です。

ダウンサイドリスクの想定を含めた投資計画を立てることが重要です。

 

ポジション調整

価格変動によって、ビットコインのポジション比率が変わる可能性があります。

定期的にポジション調整を行い、投資計画に沿ったリターンを追求するようにしましょう。

 

ビットコイン今後・買い方と将来性まとめ

今後のビットコイン

以上、「ビットコイン購入、今後どうなる?買い方と将来性について解説」でした。

ビットコインの今後予想は確実に当てることは難しいものの、法規制や技術進歩などにより、需要は大きく変わっていくことでしょう。

今現在では分かりませんが、暴落することはなさそうです。

ビットコインを買う際も、上記で解説した買い方の手順や、注意点、タイミングを踏まえながら買うことをおすすめします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

(Visited 18 times, 1 visits today)