コインチェックieoとは?当選確率は高いのか低いのか詳しく解説

SnapCrab NoName 2023 10 15 15 36 47 No 00
Pocket

IEO(Initial Exchange Offering)の当選確率は、さまざまな要因に影響されます。

まず、IEOに参加するプロジェクトやトークンの需要と供給が重要です。

人気の高いプロジェクトほど競争率が高まり、当選確率は低くなります。

また、コインチェックのIEOに参加するには、一定数量のトークンを保有する必要があることも考慮に入れるべきです

。保有トークンの数量に応じて当選確率が変動することがあります。

さらに、過去のIEOのデータや結果を分析することも参考になります。

これにより、過去の当選確率の傾向を把握し、将来のIEOに参加する際の戦略を立てるのに役立つかもしれません。

最終的に、コインチェックの公式情報やアナウンスを追跡し、IEOに関する最新情報を入手することが重要です。

当選確率は常に変動する可能性があるため、正確な情報にアクセスすることが成功の鍵となります。

今回は、コインチェックIEOについて詳しく解説していきます。

 

コインチェックIEOとは

コインチェックIEOは、仮想通貨取引所の一つで、2018年に発生した通貨流出問題を経て、現在はマネックス証券によって運営され、高い信頼性を持つ取引所として知られています。

この取引所は、2021年7月1日にIEO(Initial Exchange Offering)プラットフォームを開始しました。

IEOは、仮想通貨プロジェクトが取引所を通じてトークンを発行し、資金調達を行う方法で、IPO(株式公開)に相当し、ICO(Initial Coin Offering)よりも信頼性が高いとされています。

IEO、ICO、IPOの3つに共通する点は、事業資金を調達することです。

しかし、それぞれの手法には異なる特徴があります。

IEOは、事業資金調達のほかに、トークンエコノミーの構築を目的としています。この点が他の2つと異なります。

IEOとICOは、両方とも暗号資産を使用して資金を調達する手法ですが、ICOには事前の審査がなく、詐欺的なプロジェクトも存在します。

一方、コインチェックが実施するIEOでは、取引所が主体となってプロジェクトの審査やトークン販売を行い、発行元企業についても詳細な調査を行います。

また、資金調達後の情報発信にも監視が行われます。

さらに、IPOではブックビルディング参加に手数料がかからない一方、IEOでは申込金額に手数料率が適用されるため、手数料が発生します。

 

コインチェックIEOの参加方法

コインチェックIEOへの参加方法は、コインチェックのアカウントを持っていれば誰でも可能で、手数料を含む1口4374円から抽選に参加できます。

コインチェック>>

 

コインチェックIEOの当選確率

dice 5214804 1280

当選確率は公開されていないものの、一般的なIEOの当選確率は応募口数や募集口数に依存します。

IEOへの投資はリスクが伴うため、自己責任で行う必要があり、特に新興の仮想通貨には詐欺のリスクが存在します。

IEOは仮想通貨市場で注目を集めており、これまでのICOに比べて信頼性が高まっています。

コインチェックの信頼性が加わることで、IEO市場は今後さらに成長する可能性があると言えます。

 

コインチェックIEOの取り扱っているトークンは?

コインチェックIEOは、さまざまな種類のトークンを取り扱っており、過去には「Palette Token(PLT)」が販売されました。

PLTの販売価格は1PLTあたり4.05円で、総発行枚数は10億枚でそのうちの23%が販売されました。

 

コインチェックの参加準備方法

コインチェックIEOに参加するためには、まずコインチェックの口座を開設し、指定の手数料を入金して申し込む手続きが必要です。

コインチェックIEOの利点は、初めての資金調達や投資として利用できることで、大手取引所が提供するIEOで信頼性が高まっています。

この情報を踏まえ、コインチェックIEOへの参加を検討してみる価値があるかもしれません。

仮想通貨市場は常に変化しており、コインチェックIEOはその新しい波に参加する方法の一つと言えます。

 

コインチェックIEOの当選者の声

27880515 s

「Coincheckの取引履歴でPLTの結果を確認しました。予想外に、88000PLTが当選しました。

これは約35万円相当です。

IEOに参加したので、当選しないかと思いましたが、実際には少しだけ当たったようです。」

100万円投資して、3万円ほどのPLTが手に入ったことになりますが、メール通知などはないようです。

取引履歴には1000PLTの当選が記載されています。

「25口で計25000枚の申し込みをしていましたが、1口あたり1000枚のみ当選という結果に笑ってしまいました。

倍率が24倍だったので、25口で1口当選はちょうど倍率に合致していることになります。」

「コインチェックから返金があったので、最初は落選と思いましたが、実際にはPLT4口(4000PLT)だけが購入できました。取引は7月27日から開始されました。」

「2000PLTだけが抽選で当選しました。残りは返金されるようです。市況が不透明なので、ハズレても悪くないかなと思いましたが、上手くやれる自信はありません。Coincheckでパレットトークンの抽選に参加した方は、取引履歴から結果を確認できます。」

 

コインチェックIEOで外れた方の声

「Coincheckの抽選結果に不満を感じています。期待感が裏切られ、ワクワク感がなくなりました。」

「Coincheckのパレットトークンについて、抽選の仕組みに疑問があります。口数での抽選と明記されていたのに、期限を区切って抽選だと明示されているルールと異なることに不満を抱いています。

このルールと説明があれば、後日入金して申し込みする方は手数料が無駄にかかったり、金額がロックされたりすることは避けられたはずです。抗議すべきだと考えています。」

CoincheckのIEOでパレットトークンを申し込んだ結果、全く当選しなかったという驚きの報告があります。

「抽選の方法について疑問があります。申し込みが満額であったにもかかわらず、当選が全くなかったことに驚きと不満を感じています。」

「「先着順ではない」と説明されていたにもかかわらず、実際には先着順のように感じられる結果になりました。全額が外れる確率が非常に低いはずなので、この結果は疑問です。」

「上限まで申し込みを行い、倍率が24倍でも全て外れるという結果は、公平な抽選とは思えません。

タイムラインを見る限り、早期に申し込んだ人が多く当選しているように見受けられ、逆に遅くに申し込んだ人は当選しない傾向があるようです(自分は最終日に申し込みました)。これが本当に「抽選」なのか疑問です。」

 

コインチェックIEOの結果

コインチェックのIEOは、予定の9億円から227億円もの資金を調達しました。

抽選方法について、大口投資家が優遇されると価格変動が大きくなる可能性があると感じますが、実際の情報では少額の当選者が多いようです。

しかし、中には最大口数で応募した人が全く当選しないという奇妙なケースもあります。

これは不可思議なことですが、今後の情報で詳細が明らかになる可能性があります。

コインチェックの国内初のIEOの成功は、IEOへの注目を高めるでしょう。

IEOで調達した資金を用いたプロジェクトがどのようなサービスを提供するかも注目されます。

 

まとめ

system 2546093 1280

以上、コインチェックIEOについて詳しく解説しました。

コインチェックIEOの当選確率はトークン需要と供給です。人気の高いIEOプロジェクトほど多くの参加者が競争し、当選確率は低くなります。

また、コインチェックは一定数量のトークンを保有することがIEO参加の条件となることがあり、保有量によって当選確率が変動します。

さらに、過去のデータや過去のIEOの結果を調査し、当選確率の傾向を把握しましょう。これは将来の参加戦略に役立ちます。

そして、コインチェックの公式情報やアナウンスを定期的にチェックし、最新情報を入手しましょう。当選確率は変動する可能性があります。

IEOに参加する際は、これらの要因を考慮し、慎重に計画を立てることが大切です。正確な情報と戦略的なアプローチが成功への鍵となります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA